タノラマタウン

エンジニアリング、スタートアップ、仮想通貨..etc

不格好経営読んでみた

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E6%A0%BC%E5%A5%BD%E7%B5%8C%E5%96%B6-%E5%8D%97%E5%A0%B4%E6%99%BA%E5%AD%90-ebook/dp/B00E7OQ0TA

昔、起業した友人が「不格好経営メッチャいいよ!」と珍しく興奮して喋っていたのが印象的で、いつか読みたいなと思っていた本 ちょうど最近エンジニアの世界から、事業家的な世界に足を踏み入れて何をすればいいのかわからない中で、スケールは全然違うものの 何かしらヒントになるかなと思い手にとってみた

読んでみて、立ち上げ時のメンバー、また今DeNAで働いている人が読んだら、多分とても内輪的な面白さを感じることができて羨ましいなと あと最近訳された本ばかり読んでいたというのもあって、作者の南場さんのユーモア、文章が素直に好き 教訓だったり、ハウツー的な意味でいうと特に目新しいものはないものの、概念的なものを覚悟、熱量を持って実行して、それを本という形で伝えようと言語化しようとする、実際されているのが 読んで一番収穫だった この先自分で事業を作っていくとして、実行の積み重ねをどこかのタイミングで振り返ってみて文章に残すとして、こんなものが書けるだろうかと圧倒される

あとは仕事の仲間に対する意識。本当に一緒に働いているメンバーのことを心から尊敬していて、好きなんだなと 本を読んで南場さん自身がやったことよりも、周囲の人間がやったことの比率のほうが多いんじゃないかというくらい、ひたむきに仲間に接してると感じた やっぱ、自分の行動ベースで語る人はかっこいいな