タノラマタウン

エンジニアリング、スタートアップ、仮想通貨..etc

リーンスタートアップについて

スタートアップのバイブル的な本をついに読んでみた 全体的な感想としては、広く浅くという感じでどういった立場の人に向けてもそれなりに役に立つ内容書かれている

  • 2〜3人でまさにスタートアップやろうとしている
  • 製品はあって、組織も30人規模でこれから成長させようとしている
  • 数千人規模の企業の中で新規事業やろうとしている

それぞれの軸で語られているのが面白かった

色々な角度から言っているが基本的には同じトピックに収束していって

ビジネスのことは実験として捉える

これに尽きる

多分プロジェクト型の仕事をしていると一番違和感感じるのがこれ、そもそも受託開発のような機能リスク対策で、Whatの割合を減らしているモデルだと 違和感しかない。 受託ではなく、自分たちでマーケットに製品を提供する。何を作るべきか自分たちで決めて、結果がダイレクトに跳ね返ってくるプロダクト型だと 初期段階で何を作ればいいのかを100%固めるのはどうやっても不可能→売上とか利益よりもとにかく早く「何を作るか」の正解にたどり着くことが重要 という考え方の元

仮説→検証→検証による学び

というサイクルが重要視されている。

一般にPDCAと似ているが、PDCAはとりあえず何でもつかっておけというのに対して、仮説検証サイクルは一定の縛りがある。

それは仮説は必ず下記を満たしていないといけない

  • 価値仮説:ユーザーに価値を提供しているか
  • 成長仮説:ビジネスとして拡大するか

要するに仮説に求められるのは検証したとしてビジネスとして成り立つのかという1点のみ PDCAでよくある「Actionで情報共有悪いから、朝会やるようにしよう」とかはこのフレームでやるべきではない

そして正解かどうかを判定するのは必ず定量的でなければならず、つまり全て徹底的にデータドリブンでやるべきということ そして、その末の学びに勝ちがあること

まとめると実験という言葉の中にあるのは

  • ビジネスとして成立かどうかを定義した仮説
  • 必ずビジネスの中で定量的に検証可能であること
  • 検証した結果がその会社のビジネスにおける1つの真実となり、それが今後の決定に影響を与えること

だと思われます。