hikoharu's PM blog

プロダクトマネジメントについて考えていること。twitter: @hikoharu06

ピーター・ティールについて

何か名前は聞いたことがあるんだけど、ピーター・ティールって誰?と思っていたけど、 実はイーロン・マスクエリック・シュミットとかと肩を並べるくらい凄い人だったらしい。 PayPalを創業して、大成功。そしてPayPalの創業メンバーはそろってスタートアップの世界でPayPalマフィアと呼ばれて 大きな影響力を持っている

この本で一番強調されているのが「競争ではなく独占、隠れた真実を見つけよう」ということだったと思う

リーンスタートアップとの対比が面白くて

リーンスタートアップでは

  • 先のことはわからないし計画は必要ない
  • とにかくムダを減らして、小さく少しずつ進む。
  • プロダクトに集中する。良いものがあってこそのマーケティング
  • 多分エンジニアが好きな概念

それに対してピーター・ティールは

  • どこのマーケットを取りにいくかは非常に重要
  • 小さく終わるな、大きく賭けよう
  • マーケティングなくして、プロダクトは成功しない
  • 経験豊富な事業家とかが好きそう

というところを感じた。

結構本の中で「リーンスタートアップは間違っている」という論調もあるけど、対極の考え方ではなく共存できるもの 3人でスタートアップとかやる時に、チーム内にリーンスタートアップ派とピーター・ティール派があると健全な対立、議論が起きて いいんだろうなーとか思ってしまった

スタートアップは誰も気づいていない問題を抱える小さな市場を独占する、そこから隣の市場に広げていくというのがピーター・ティール的な勝ちパターンだけど まさに自分がやっている保育の領域は問題を抱える小さな市場ではあるものの、独占しきる前に競合が増えてしまった

そして隣の市場は子育てだったり、習い事だったりするんだけどまだそちらに広げていけてないというのが課題かなと、、 ピーター・ティールの戦略を実現している市場、企業があれば是非知りたい。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3-%E5%90%9B%E3%81%AF%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BD%95%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%87%BA%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%8B-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4140816589/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1531492139&sr=8-1&keywords=zero+to+one